スマホの動きが重い時の対策の3つのポイント

スマホの動きが重い時の対策の3つのポイント

スマホが重い場合、ほとんどはメモリ(RAM)が不足していることが原因です。
下記3点の作業をしていただくことで劇的に改善します。

 

@不要なアプリの削除を削除することで改善します
 スマホにインストールされているアプリは起動していなくても、裏で動作し、メモリを消費します。
 アプリを極力削除し、不必要に消費されていたメモリを解放することができます。

 

Aメモリ最適化、アプリを一括停止させるアプリを導入し、重くなったら起動することで改善します
 メモリ最適化、アプリを一括停止させるアプリを起動することで、不必要なアプリに割り当てられていたメモリを解放し、
 利用可能な状態にします。
 スマホが重いときにこのアプリを起動することで、数百MB単位のメモリが解放され、
 一気に軽くなることが多々あります。

 

 また、上記アプリでも重い場合はスマホの電源を一度落とし、再起動させることが効果的です。
 重いスマホの場合、一日一回程度定期的に電源OFF→ONを実施することである程度の処理速度の向上を
 維持することができます。

 

B省エネモード・バッテリー持ち時間向上モード等の解除
 メーカ毎に機能の名前には差分がありますが、スマホの処理速度を意図的に低下させ、低下させた分
 バッテリーの持ち時間を延長させる機能があります。
 この機能を解除させることで、バッテリーの持ち時間は若干低下してしまいますが、重い状態が改善することがあります。