スマホ依存症

スマホ依存症

一昔前にケータイ依存症という言葉が流行しましたが、時代と共にそれはスマホ依存症という言葉へと変化していきました。
スマホでできることはあまりに多く、依存症にもある程度のパターンがあるように思います。

 

 

一つはゲームアプリに依存するタイプのスマホ依存症。
初期投資なしに高いクオリティのゲームが遊べるためにゲーム参加へのハードルは低くなりました。
一方で重度の課金をしてしまい、何万円という大金を支払ってしまう人もいます。

 

 

支払い能力のない子どもが勝手に課金してしまうということもあるとのこと。
また、ラインなどのSNSを常に見ていないと安心できないスマホ依存症もあります。
既読スルーという言葉が生まれ、電話よりもメールよりもリアルタイム性の高いチャットが流行したことで
、常に友人と繋がっている関係が築きやすくなりました。

 

 

しかし、プライベート性が失われ常に互いを監視しているような深い関係になり、
学校などでかえっていじめが流行しやすくなってしまいました。

 

 

スマホ依存症は深刻なインターネット依存症であるといえます。
しかしインターネットがこれだけ発達した今、完全にスマホと切り離すことは難しく、適切な距離感をもってスマホを扱うことが大切です。

スマホ依存気味に使うと電池がすぐなくなる・・・。

現代には我々の生活を便利に送る上で、欠かせないものがたくさんあります。パソコンや自動車、ファッションアイテムに住むところなど、人によって必要不可欠なものの順位はかなり変動するはずですし、私も仕事やプライベートで様々なものを使っていますが、ここ数年でその順位の中にあっという間に入ってきたのがスマホです。

 

今ではスマホ依存という言葉がもはやおなじみとなってしまうくらい、人々は街中でスマホを片手に行動しています。スマホでは通話やメールはもちろん、動画や音楽を楽しむこともできます。

 

しかも画質や音声はとてもクリアですし、使っていてきっと誰もが満足しているはずです。そのため私は暇な時間を持て余している時にはよくmicroSDメモリーカードに保存した動画や音楽を再生し、至福のひと時を心より楽しんでいるのです。また様々なアプリをインストールして楽しむことも可能なので、様々な場面で活躍しているのです。

 

こんな便利なスマホですが、重大な欠点がひとつあります。それはあまりにも長時間スマホを使用し続けてしまう結果、充電がすぐ切れてしまうことです。そのため充電器の存在が欠かせませんし、省エネモードに切り替える必要も出てくるのです。そのため各スマホ製造メーカーには、ぜひ早急な対策をしてもらいたいものです。