MNPとは

MNPについての説明

携帯電話番号ポータビリティ。MNP は、(Mobile Number Portability)の略です。

 

携帯電話番号持ち運び制度と呼ばれるもので、自分の長年使っている番号をそのままほかの会社でも使える制度です。

 

例えば、ドコモの携帯を持っている人が、ソフトバンクに乗り換えても、前の番号をそのまま使えます。

 

一昔前は、ドコモ→ソフトバンクのように、会社を変えると番号も変えないといけなかったので、
結構めんどくさかったです。

 

でも今は、気軽にかえることができるので前よりも会社を変える人が多くなって、各携帯会社のサービスが
良くなったような気がします。

 

MNPを使って携帯の会社を変わる時は、まず自分の契約している会社に連絡して(電話・WEB)、
「MNP予約番号」をもらいます。

 

それを持って新しい会社に「MNPを使って乗り換えたいです。といえば、それで乗り換えられるので簡単です。

 

 

携帯電話番号ポータビリティ手数料2,100円が、少し痛いですね・・・。

 

ソフトバンク おとくケータイ.netだと、キャッシュバックが結構あるので、諸々の諸費用を
差し引いても得するので、良いのかなと思います。

 

もう少し詳しくmnpのやり方を解説

携帯電話は、通常2年縛りと言う契約で毎月の利用料金を割引いています。加えて、高額なスマートフォンの料金も24回払いの分割にする事で利用者の負担額を軽減しています。

 

 では、それを踏まえてどのタイミングでmnpをすればよいでしょうか。それをお伝えします。

 

 まずは、必ず24回の端末の分割金を支払い済みである事が第一条件です。そうしないと、折角mnpで他社に乗り換えて月額料金を下げようとしても端末代が残っている事でお得にならなかったりするからです。

 

 加えて、自分の解約時期を把握しておく必要があります。折角、端末代を払い終えていても、2年縛りの更新月を過ぎていると、契約解除手数料が10000円程取られてしまいます。

 

 なので、スマホ乗り換えをするならとしては、2年で端末代を支払い終えていて、更新月を過ぎていない事が前提です。

 

そこから、各キャリア毎に決められている総合窓口に電話してmnp予約番号を取得して下さい。この時、はっきりと他社に乗換える意思をオペレーターにお伝え下さい。そうしないと、あの手この手で言いくるめられてしまいます。
 また、乗換え手数料として2000円から3000円が必要になるので、しっかりと料金の確認と予約番号の有効期限を把握しておいて下さい。